2021年5月
外食ばんざい

私はビールが好きだ。いや、美味しいとは口が裂けても言えないし、酔うことになんの魅力も感じていない。厳密に言えばクラフトビールが好きだ。いや、クラフトビールも別に普通のビールと比べて美味しいわけでは全くない。まあチョコレートケーキまんまの味するゲロ甘トロトロビールとかの変わり種もあるので、そういうのはさすがに別物ではあるけれども、私はとくにそういうのばかり飲むわけではない。不味いのばかり飲んでいる。なぜ飲むのかと言うと、色んな種類があって一期一会の限定物ばかりで面白いからだ。

今回は別にクラフトビールの話がしたいわけではない。私はクラフトビールが好きなので、外食といえばそういうのが置いてあるビアバーに行くことが多い。クラフトビール……特に自前のブルワリーないしタンクがあるビアバーのメシは美味しい。

もう分かると思うが、コロナ禍においてビアバーがまともに営業できるはずもない。最近では酒類提供禁止とかいうことになってしまったので、苦肉の策としてビールのテイクアウトをしている店もあれば、完全に休業している店もある。だいいちそうでなくとも、いくら私が一人で黙々と食事するだけとはいえ、ビアバーに行ったとなればさすがに世間体が悪い。つまり、外食の行先が一気に減ってしまったのである。

(続きを読む)

陽性率(東京悪化)

先日4月29日の文章で直近7日間の陽性率について下記のように書いた。

(引用)

大阪の陽性率はここ数日8%弱くらいだが、東京の陽性率は数日前6%弱だったのが27日時点で6.4%と伸びている。

(引用終わり)

では今日の時点ではどうなっているだろうか。大阪は11日時点で6.8%、東京は9日時点で7.9%である(同じ日付を探すのがめんどくさいので、とりあえず公式サイトの一番目立つところに書いてあった数字を見る)。大阪は少なくとも検査体制だけ見れば先月末より改善しているように思える(比較の話であって、約7%ではかなりの検査不足に変わりはない)。東京は明らかに検査数を増やせておらず、悪化の一途である。

現在東京と大阪で見かけの感染者数は同じくらいになっており、陽性率の差を見ると、東京の方が大阪より実際の感染者数は多そうだということがうかがえるが、実際にどんな具合かは検査を増やしてみないとわからない。なんにせよ、対象の多さに対して検査がかなり不足している状態では、数字の信頼性も落ちてしまう。

加えて先日の文章にも書いたが、重要なのは検査数のみではなく検査対象が適切にピックアップされているかもあり、これができていなければ陽性率は不適正に低く出てしまう。私は東京都の検査体制でこれができているとは全く思っていないので、約8%でも実際よりかなり低めに出ているのではないかと思っているのだけど、低めに出ていないとしても8%は極めて検査数が不足していることには変わりがない。

東京の方が感染者数は多そうにも関わらず、大阪の方が状況が悪い(医療崩壊とすら言われる)ように見えるのは、大阪の医療体制が脆弱だからだろうと思う。アテにして比較して良い数字なのかは知らないが、入院患者病床使用率は5日時点で東京39%大阪83%、重症患者病床使用率は東京38%大阪80%と雲泥の差である。患者数は概ね同数程度なので、完全に病床数の差、つまり医療体制の差である。東京のキャパが元々大きいところはあるかと思うが、大阪は大阪で東京に次ぐ自治体である。維新政治のツケといったところだろうか。

とりあえず都民としては東京の検査数を増やして欲しいところだけども。さすがに陽性率上がるペースがエグい。2週間くらいで約6%→約8%になるのはやばいって。

国の借金とレトリック

今日はお休みを取った。せっかくの休みではあるが、GWも含めて、全く有意義に過ごせていないため、今日もそんな感じになるだろう。休みについてそういう損得勘定をするのはあまり健全ではないかもしれないが、しかしGW中ほとんど何もせず過ごしたと言うとさすがに度が過ぎている感があり、そう思ってしまうのも無理はないといえる。

さて、起きたら下記のようなニュースが出ていた。

国の借金、過去最大1216兆円
20年度末、5年連続で更新

「国の借金」「国民一人あたり」よくある国の借金論である。このレトリックが誤解を誘導するものであることはもう周知されているので、Twitterでは当然反緊縮派にケチをつけられまくっている。こういうしょうもないことをしていると、普段は騙されないぞ真実を見抜くと言いながら騙されている陰謀論者でさえ、そのスタンスが珍しく見事にハマる。個人的には陰謀論者に本物の成功体験を与えてほしくはないのだけど、しかたがない。

(続きを読む)

清泉亮氏について

清泉亮という名前を昨日知った。何で知ったのかと言うと、山口連続殺人放火事件の死刑囚保見光成についての記事の筆者としてである。

山口「八つ墓村事件」、保見光成死刑囚が弁護士にも語らなかった“田舎暮らしの地獄”https://www.dailyshincho.jp/article/2019/07251100/?all=1

そもそも私は別の未解決事件の話を見ていたところ、この事件におけるゴールデンレトリバー「オリーブ」の話(保見逮捕の1分後に死去)をたまたま見かけ、この事件を知って興味を持ったという流れになる。この事件についてはほとんど記憶になかった。

(続きを読む)

アイドル部の思い出その1

アイドル部の卒業については既に書いたので、改めて私から見たアイドル部の思い出について、今後折に触れ書いていきたい。その1と書いているが、その1で終わるかもしれない。

(続きを読む)