“ksonの先駆者V達を想うリスペクトの言葉に思わず涙してしまうミライアカリ【切り抜き/kson総長/ミライアカリ】”
https://youtu.be/_mmr5fkVB6Q

上記の切り抜き動画を見た。

元配信:”【企画会議対談】ミライアカリ様は救われたい。【kson総長】”
https://youtu.be/-d-UCGTPXbw

自分は2017〜2018年の目立っていた頃によく見かけていたくらいで、近年のミライアカリ(以下全員敬称略)のことは全く知らない。一応見かける度に気にかけてはいたけれど。
個人的にミライアカリを見かけなくなって以降、知っているニュースは以下の2点しかない。

・バンダイナムコ系列の傘下になった
これは良いニュースだった。
ミライアカリはエイレーンのプロデュースで誕生→ENTUM(ZIZAI:旧社名DUO)所属→フリー(ZIZAI)という当初から不安定な経歴だった(まあ黎明期のVはみんなそうだけども)。ENTUMについては顛末や元所属者の話で分かるとおり、特にめちゃくちゃファン離れを起こすような大きな事件もなかったが(これは初期のVtuber事務所としてはわりと珍しい)、あまり整った環境とは言いづらく、外目にも波に乗れるような事務所とは見えなかった。
また、初期のVtuber事務所にありがちだが、コンプライアンスの信用がとにかく薄かった。結果的に見ればZIZAIはそうでもなかったようだけれど、まあとにかく不安だった。
加えて、2019年には既に黎明期の人気Vtuberの人気は(相対的に)だいぶ落ちていたし、このまま活動を続けられるのかというレベルで心配した。
そういういくつかの点で、バンダイナムコアーツ傘下になるというのは、とりあえず活動形態がわりと安定するしコンプライアンスもまあまあということで安心できるニュースだった。
一応自分も2017年からVtuberを見ていた身としては気にかかっていた存在であるので。

・ガワが変わった(以前は初音ミクと同じKEI氏の絵柄ベースだった)
これは賛否分かれるかと思うが、まあ今のもかわいいし悪くないと思う。例えば上記の動画でも想像して欲しいのだけれど、他Vtuberとの共演時に馴染みがいいのは変更後の方だろう。

自分はたしか2018年にミライアカリの深夜ゲリラ生配信に出くわしたことがあり(当然アーカイブはない)、その時の自由な落ち着いたトークの感触がすごく良かったのを覚えている(暗い話もあった気がするが)。その後しばらくして、猫宮ひなたと旅行先での配信(これも多分アーカイブはない)があり、当時既に人気が天井にぶちあたっていたミライアカリの活路は生配信やコラボにありと思った。別に当時もやっていなかったわけではないが、まあ、それらは自由なトークではなかったのだ。
ただ残念ながら、それ以降同様の機会に巡り会うことは無かった。

要するに、演者の属人的な部分をもっと表に出してほしいということである。
これは2018年当時の動画勢Vtuber全般に思っていたことなのだけど、生配信勢と同じくらいの属人性を動画に入れ込んでくれないと、情報量が少なすぎて、動画自体も面白くない。生配信勢は情報量の少なさを配信時間の長さと属人的なトークで補っている。そしてファンなどによって情報量を濃縮した切り抜き動画が作られる。
属人性の少なさを強烈なキャラクター性で補って人気を得た(そしてVtuberブームをもたらした)のが輝夜月だったのかもしれないが、結果的にそれは破綻し、一方でその演者であったP丸様。の独立した活動が絶大な人気を得ることになった。

上記の配信でも言われているのだけど、Vtuber界隈のファンが勝手に四天王とか言ってレジェンド扱いを勝手にし始めたのが不幸の始まりだったような気もする。横のつながりと親近感が大事な界隈で、レジェンド扱いされても良いことはほとんどないのである。
何度も解説するようなことでもないのだけれど、四天王というのはファンが二次創作的に作ったVtuber四天王というグループである(キズナアイ、輝夜月、バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん、ミライアカリ、電脳少女シロ)。五人なのに四天王なのは、当初は適当に登録者数多い順に四人選んだだけだったのが、電脳少女シロ推しによってあとからシロを五人目としてねじ込まれたためである。キズナアイに次ぐ古参という理屈もあるのだが、四天王という括りができてしばらくして登録者が増えてからねじ込んだのでちょっと荒れる原因になった。今思えば、シロも五人目にされない方が幸せだったのかもしれない。

まあ何にしても、黎明期(概ね2017年以内)に一定以上の登録者数を持っていたVtuberは黎明期を支えたレジェンド扱いされるようになり、ぶっちゃけその後の盛り上がりからは割とハブられた。特に2020年初めからの爆発的な人気には置いていかれた感がある。横のつながりがなさすぎたし、演者の属人性が薄いプロデュースされた存在では仲間に入れない盛り上がりがあった。
当時から人気の中心にいるホロライブでさえ、プロデュース優先で縛りがキツめだったレジェンドときのそらとイノナカAZKiはその盛り上がりに入りきれていない。AZKiは今はイノナカ縛りもなくなり、コラボも重ねて、そろそろ何か演者の仮面が弾けかけている気配がする。

結局のところ、雑学・知識系や実験(やってみた)系のYouTuberでもない限りは(それらですら逃れられないと思うが)、親近感こそが人気の重要なファクターであると思っている。
そして親近感を生むのは以下の2点であると思う。
・その人のパーソナリティ、考え方、プライバシー開示の情報量
・単純接触効果(動画なり配信なり歌なりとにかく何でもいい)
YouTuberに限らず人間関係この2点がかなり重要だとおもうけれども、とにかく、これを生配信系は手っ取り早く生み出しやすい。配信時間の度切り抜き動画が出るまで
特に切り抜き動画はデカい。YouTubeは切り抜き動画が大好きなようで、全然知らん配信者の切り抜きがポンとオススメに上がってくる。上記の切り抜きもそうだった。

企業Vtuberは難しいところもあるのかもしれないけれど、ミライアカリにはいつぞやのゲリラ生配信以来、ずっと可能性を感じているので、(時間があればという前提ではあるが)もっと自由な生配信活動をして欲しいと思うし、それが人の目に入るためにはksonコラボのようにコラボトークが切り抜き動画にされるという動線が要るので、他Vtuberとのコラボも積極的に行って欲しい。
というようなことはもう上記の配信で言われ尽くしているはずなので、今更ここで書くようなことでもないのだけど、ミライアカリには報われて欲しいとずっと思っているのであえて書いてみた。
黎明期を支えた登録者数十万Vtuberとしてはかなり外に開いた活動をしていた方だと思うのだ。イベントでもよく見たし(あの当時、動画勢は互いの領域・世界観を侵さないよう壁を作っていた(特にVの顔であったキズナアイと輝夜月)ので、ミライアカリはその中ではフッ軽な方ではあった)。
まだV界隈が狭く界隈全体を推すというポジションが成立していた頃、界隈全体の盛り上がりを支えるのに貢献していたと思う。

少なくとも今回のksonコラボは良かったので、切り抜き以外の部分も見てみようと思う。