雑記
ブラックアダムを見てきた(ネタバレ感想)

ブラックアダムを見てきたのでネタバレ感想を書く。
とはいっても最近こういうのに使う労力と時間をできるだけ節約したくなっているので、これまでよりも簡易で短めな感じを心掛けてみる。

ネタバレクッションとしてネタバレなしテキストをいくつか挟むのでネタバレ嫌な人はそのあたりでブラウザバック。

まず大前提として、面白かったです。アメコミ映画で言えば今年トップなんじゃないかな。今年何があったっけ。
スパイダーマン、モービウス、ドクスト、ソー、ブラパン。か。
プリキュア化したスパイダーマン、クソデカ感情に定評のあるSSUのモービウス、サム・ライミ節全開のドクスト、印象の薄いソー、追悼ムードでごまかしてる感あるブラパン。
個人的にはごく一部の層に刺さるモービウスがイチ推しだけれど、冷静に考えて今年はドクターストレンジ…と思っていたところでブラックアダムがどんと突き抜けていった感じ。
最近は、しっかりユニバース展開して作品もたくさん作ってどれもお金はかかってるけどガチガチに縛られて新鮮味もなくなり安っぽさすら漂うようになったMCUに対して、作品数は少ないけど縛りが緩くて尖った良作をコンスタントに出してくれるDC映画(ジョーカーとか含む)という感じのイメージになっている。
そこをMCUにもかかわらずサム・ライミ監督がハジけてくれたからドクターストレンジは良かったんだけど、まだDC映画ほどではないから…って話がそれた。
ブラックアダムが今年のアメコミ映画で個人的トップかなあという話。

ちなみにこの映画(ブラックアダム)、前知識・予習はいらないです。この映画からアメコミ映画(DC映画)を見始めるというのでも大丈夫。
例えば、予告見ればわかる範囲で言うと、JSAというヒーローチームが出てきますが、完全にこの映画が初出です。
予告見ていきなりたくさん出てきて誰こいつら!?ってなってると思いますが大丈夫。みんなそう思ってます。
なので当然そういう人でも話が飲み込めるように作られています。
また、ブラックアダムと他ヒーロー(映画)とのストーリー上のつながりは一切ないので本当に予習が必要ありません。
ただし厳密に言うとシャザム!というDC映画と若干の設定上の関連性があるので、シャザム!を先に観て予習するのもいいし、逆にブラックアダムを観た後にシャザム!を観るとちょっと答え合わせができて楽しいかもしれません。
シャザム!も他の映画との関連性が薄い、90年代映画っぽい雰囲気の良い映画なので、導入にしてもよいかなと思います。今度シャザム!2も公開するしね。

というわけでそろそろ以下ネタバレを含みます。

(続きを読む)

ブラックパンサー ワカンダフォーエバーを見てきた(ネタバレ感想)

MCUを観るのは義務ではないのだけどなんか惰性で観続けている感があり、いつからそんな感じになったのかよくわからないが、明確に惰性で見たのが前作のブラックパンサー。
前作はなんというか本当に毒にも薬にもならないという感じで個人的には何も残らない映画だったけれど(今思えばキルモンガーはいいキャラだった)、一応その続編であるところの今作。一応と書いたのは、結局MCUはそのヒーローの映画の続編が別のヒーローの映画だったりするからなのだけど、ブラックパンサー不在のブラックパンサー2であるところの今作について、期待をしていたかというとやっぱりあまり期待はしていなかった。
前作が微妙だったというのもあるし、MCU自体にもう期待していないというのもある。チャドウィック・ボーズマン追悼の雰囲気をモリモリにしていることへの不安もあった(追悼を批評の予防線に使ってるみたいで)。

そんなわけでモチベ低めの惰性ネタバレ予防状態で今作を公開当日に見に行った。
そんなんなら先にすずめの戸締まりでも見に行けという話なのだけど、たしかにそろそろ、MCU映画は上映開始即観に行くぞ、みたいなことはしなくてもいいかもしれない。重要な予防すべきネタバレも、今では大して期待を持たせてくれる・驚きのある内容ではなくなっているし。その価値があったのはスパイダーマン ノーウェイホームくらいではなかろうか(というかノーウェイホームはそれがほぼ全ての1発ネタ映画なので……というのは過言にしろ)。

今回は特にIMAXでも3Dでもなんでもない普通の上映を見に行ったのだけど、それで良かったと思う。
グランドシネマサンシャインのIMAXレーザーGT上映が3D付きしかないということは特にIMAX画角で見る価値がある程の撮影比率ではなさそうだし、3D映えするわけでもなさそうだし。ちょうど新作をやるアバターならまだしも、ブラックパンサーの3Dにめちゃくちゃ期待して行く人も少ないだろうと思う。
どちらもお金がかかるので、その価値があるかと言うと疑問だ。
ただ、あえて言うなら、音響は良い方がいい気がする。前作もそうだけれど、アフリカルーツを強く意識した(と思われる)ブラックパンサー独特の音楽は、それだけで映画を濃く色付けしている。

(続きを読む)

シーハルク最終回を観た(ネタバレ感想)

シーハルク最終回を観たのでネタバレ感想。

(続きを読む)

Vtuberミライアカリにがんばってほしいという話

“ksonの先駆者V達を想うリスペクトの言葉に思わず涙してしまうミライアカリ【切り抜き/kson総長/ミライアカリ】”
https://youtu.be/_mmr5fkVB6Q

上記の切り抜き動画を見た。

元配信:”【企画会議対談】ミライアカリ様は救われたい。【kson総長】”
https://youtu.be/-d-UCGTPXbw

自分は2017〜2018年の目立っていた頃によく見かけていたくらいで、近年のミライアカリ(以下全員敬称略)のことは全く知らない。一応見かける度に気にかけてはいたけれど。
個人的にミライアカリを見かけなくなって以降、知っているニュースは以下の2点しかない。

(続きを読む)

破戒(2022)を観た

破戒(2022)を観た。
見終わったあとのエンドロールで、全国水平社設立100周年記念で製作されたんだということを知った。なるほどそういう理由で今映画化したというわけだ。
もう本当に全く自分の守備範囲外の映画だったのだけど、諸事情で見ることになり、なおかつ時間がシビアで結局遅刻してしまい冒頭を見逃してしまった。とはいえ大事なところは見逃さなかったと思う(後述)。

何回も映像化されている島崎藤村の小説であり、明治に刊行ということで、青空文庫でも既に読める。なのでネタバレとかは気にせずに書いていく。

(続きを読む)

NOPEを観た(ネタバレ感想)

NOPEを今更ながら見たのでネタバレ感想。

事前に言っておくけれども、ネタバレ厳禁系の映画なので、観るつもりが少しでもあるならネタバレを見ないことをおすすめ。
あと予告動画もポスターもパンフレットも見ない方がいい。
怖めの映画なのでそこだけおさえといて。血もあります。

(続きを読む)